長野の紅葉地へのツアー!おすすめのお土産②

見物ことでお土産を貰うときは、そのグラウンドならではのミールを選ぶと喜ばれることが多いですよね。
また、近くのお店で購入できる品物もありますが、訪れたことで購入することにより「本場の味覚」を遊べるのではないでしょうか。

秋が深まると各所の紅葉箇所が隆盛をみせます。
長野県内は面積も大きく紅葉箇所も多いため、旅立ちにはおすすめのフィールドですね。
お出掛けのときは、どんなお土産があるのか前もって調べておくといいでしょう。
また、持ち帰るのが一大ものはメールオーダーサイトで購入する戦略もおすすめです。

見物のお土産としてデザートは普通ですが、渡す仲間によっては麺類(乾麺)やお酒などの以外「お漬け一品」が喜ばれるかもしれません。
長野県内は「野沢菜」のファブリックとしても知られています。
こちらは「野沢温泉」(下高井郡野沢温泉村)を中心に栽培されていますが、自宅で栽培することもできるため、育てた経験を持つ第三者もいるかもしれませんね。

野沢菜の成果年代は10月収~11月収で、「野沢菜漬け」として利用されることが多いようです。
デパートで緑色の「浅漬け」を見ることがありますが、野沢菜漬けには乳酸発酵して飴色になった「テキスト漬け」も存在します。
こちらは、里を訪れるため本場の味覚が喜べるといわれています。

なお、野沢温泉では「野沢菜成果 漬込み事実」ができます。
リザーブ戦略などは「野沢温泉旅協会」のWEBで確認できますので、紅葉の年代のお出掛け先にしてはいかがでしょうか。
因みに、野沢温泉へは鉄道飯山ターミナルから湯船(路線バス、期間限定の直通湯船)による戦略があります。ミュゼ大分の口コミ大公開!脱毛効果が実感できる美容脱毛専門サロン